農薬の安全性評価データ集

-1997年改訂版-

● 特色 /● 造本・体裁・価格 /● 監修者・著者 /● 内容目次



ご注文・ご試読 】 をクリックするとメール送信フォームが表示されます。
 
 ※ 電話、FAXでのご注文も受け付けております。


  lic@mbm.nifty.com


●特色

 本書の特徴は、農薬の安全性評価に焦点をあて、評価に必要なデータ・評価プロセスと 結果を一覧できるようにしたところにある。
 編者は、国際化学物質安全性計画(IPCS:International Programme on Chemical Safety)の 農薬を含む化学物質の安全性評価の国際協力に携わる中で、国際機関などで行なわれている 評価プロセスや結果が必ずしも多くの人に知られていないことに気づいた。
 そのような状況から今秋多くの方々の協力を得、また種々の参考資料をもとにして、評価情報 の活用を助けるデータベースを作成し、それに若干の解説を加え、本データ集として提供することにした。
 科学的リスク評価の重要性がいわれているが、リスク評価ではどのようなデータを用い、どのように判断を下したかが問われる。しかしながら信頼性ある多方面にわたるデータを完備するのは用意ではない。
 限られた資源とマンパワーを基にいかに的確な評価を行い、その成果を多方面に生かすか真剣に検討され、新しい国際協力の枠組みができつつある。本書では、この国際的な枠組みとその成果の 記述に重点を置いた。
 本書は1991年に出版された同名のデータ集の第2版として企画された。この間に安全性評価システムや評価内容において、格段の進歩があった。これらを踏まえ、また読者の利用の便を考慮して、 諸所に改善を加えた。データのチェックには腐心したつもりであるが、ゆきとどかなかったところもあると思う。読者がお気づきの点を御教授いただければ幸いである。(関沢 純)

 【ページトップへ

●造本・体裁・価格
 体  裁 A4判上製 292頁
 発  刊 1997年 5月30日
 定  価 30,240円(本体 28,000円,消費税 2,240円)
 発  行 (株)エル・アイ・シー 
●監修者・著者

 編集・執筆  関沢 純   国立衛生試験所化学物質情報部第一室室長

 【ページトップへ】【ホームページ


●内容目次

<解 説>
1.データ集利用にあたって
 1. データ集の利用のために
 2. 安全性評価関連用語のの解説
 3. 安全性評価資料と、その作製機関、インターネットサイトまたは連絡先
 4. 危険・有害性による分類の説明
 5. 参考資料リスト

2.国際機関における安全性評価のしくみ
 1. 国際食品規格(Codex Alimentarius)計画
 2. JMPR(FAO/WHO合同残留農薬会議)
 3. IPCS(国際化学物質安全性計画)
 4. WHO飲料水プログラム
 5. IARC(国際がん研究会議)
 6. OECD(経済協力開発機構)
 7. EU(欧州連合:Europian Union)
 8. 各国における安全性評価の例

3.農薬の安全性についての国内規制
 1. 農薬の登録と農薬取締法による規制
 2. 食品および飲料水中の残留規制
 3. 環境規制
 4. 製造、輸入、販売、使用、保管などについての規制
 5. 安全性評価(残留基準とADIの関係)

<データ>
1.物質同定関連情報
 1.1 物質同定情報...一般名、日本語名、CAS番号、NIOSH番号
 1.2 日本語名と一般名の対照表...日本語名、一般名、用途、構造、使用状況
 1.3 化学名との一覧表...一般名、化学名

2.物性関連情報
 2.1 農薬の物理化学的性質の一覧表(1)...分子量、融点、沸点
 2.2 農薬の物理化学的性質の一覧表(2)
    ...蒸気圧、ヘンリーの定数、水―オクタノール分配係数、
      水融解度、有機炭素吸着係数
 2.3 物理的性状(外観、臭気)...外観、臭気

3.環境影響評価情報
 3.1 環境影響(陸棲)...生物分類/種/曝露期間/LC50/LD50/LD50(蜂)
 3.2 環境影響(水棲)
   ...生物分類/種/成育段階/水の種別/試験種類/曝露期間/
     環境レベル(NOEC,LOEC,EC50,その他,LC50)
 3.3 環境調査結果(環境庁化学物質総質点検調査より)
   ...水質/底質/魚類/大気/その他

4.安全性評価情報
 4.1 国際機関による安全性評価状況の一覧表
    ...国連危険物輸送専門家委員会/IPCS/IARC/EC委員会/
    OECD/ECETOC
 4.2 各国の安全性評価レビューの一覧表(1)
    ...日本/Australia/Canada/Germany/Netherlands/Sweden/UK
 4.3 各国の安全性評価レビューの一覧表(2)...USA

5.健康影響評価情報
 5.1 JMPRによるADIの最新の評価結果...ADI/評価年次/備考
 5.2 JMPRによるADI設定の根拠データ
    ...ADI/動物種/投与量(ppm)/投与量(mg/kg体重)/投与(曝露)期間
 5.3 IARCで発がんの危険性について評価された農薬
    ...モノグラフ巻数/発行年/発がんの危険性の分類
 5.4 農薬関連物質についての環境保険クライテリア:巻番号とタイトル
    ...概論/個別農薬/評価法関連
 5.5 米国国家毒性試験計画(NTP)で毒性試験が実施されている農薬のリスト
    ...CAS番号/投与経路/動物種/レポート番号/備考
 5.6 食品衛生調査会設定ADI一覧...日本語名/ADI
 5.7 食品摂取量(フードファクター)...食品(群)/一日摂取量

6.国内の規制と安全管理情報
 6.1 食品衛生法による農薬の残留基準
    ...穀類、豆類、核科果実、かんきつ類、仁科果実、熱帯産果実
      ベリー類果実、果実、アブラナ科野菜、芋類、ウリ科野菜、キク科野菜、
     キノコ類、セリ科野菜、ナス科野菜、ユリ科野菜、野菜、オイルシード、
     ナッツ類、種野菜、茶、ホップ、乳、肉、貝
 6.2 作物残留に関わる農薬登録保留基準のうち環境庁長官個別に定める基準値一覧
      ...米、麦類、果実、果皮、野菜、芋類、豆類、甜菜、茶、ホップ、唐黍、
      その他、備考
 [6.2付1]新しい作物分類(中分類)による作物残留に関わる農薬登録保留基準値一覧
      ...米/小麦以外の麦・穀類/みかん/みかん以外のかんきつ類/
     第一大粒果実類/第二大粒果実類/小粒果実類/ナッツ類/第一果菜類/
     第二果菜類/さや付未成熟豆類/第一葉菜類/第二葉菜類/根茎類/鱗形類/
     いも類/大豆/大豆以外の豆類/てんさい/茶
 [6.2付2]農薬登録保留基準値設定における作物群分類
    ...大分類制作物群、新作物群、主たる作物
 6.3 安全管理の指針、許容濃度など...日本産業衛生学会の許容濃度の勧告/
    生活環境指針値/防災指針の有無
 6.4 農薬による水質汚染に関わる基準や指針
    ...水道水質基準、環境基準(公共用水域)/水質評価指針(公共用水域)/
     環境基準(土壌汚染防止)/水質汚濁防止法(排水基準)/
     水質汚濁防止法(特定地下浸透水規制)/
     ゴルフ場排水(環境庁暫定指導指針)/登録保留基準(水質汚濁)/
     水質汚濁性農薬/WHO飲料水基準
 6.5 国内規制基準、分類早見表
    ...残留農薬/登録保留基準/指定農薬/安全性使用基準/
      毒劇指定/化審法/魚毒性
 6.6 原体生産数量表...年度/数量
 6.7 原体輸出数量表...年度/数量
 6.8 原体輸入数量表...年度/数量
 6.9 FAOとWHOが作製している農薬データシートのリスト...シート番号
 6.10 国際化学物質安全性カードの作成されている農薬...カード番号
 6.11 IPCS安全性ガイド(HSG)が作成されている農薬のリスト...巻数/発行年
 6.12 農薬の急性毒性によるWHOの危険性分類...危険分類/LD50/曝露経路/製剤の物性

 【ページトップへ】【ホームページ

●電話、FAXでご注文される場合は、
lic@mbm.nifty.com
TEL: 03-3814-5891
FAX: 03-3814-0173
のいずれかに、希望の書名、冊数、ご依頼者のお名前、住所、電話番号をお知らせ下さい。